’20-11-18 会長挨拶 西山尚之

本日は卓話講師にRLI日本支部ファシリテーター委員長の中村靖治さんを迎えての例会です。卓話楽しみにしております。

来週は戦略計画委員会がお時間を頂き新しい奉仕活動に関する検討を行います。

事前に会員の皆さんにお願いがありここで申し上げます。奉仕事業としてやってみたい、興味のある活動を考えてきてください。実現の可能か不可能かは問いません。広く様々な意見を集める事を目的としています。よろしくお願い致します。

’20-11-04 会長挨拶 西山尚之

本日は卓話講師にRI第2地域担当ロータリー財団 地域コーディネーター補佐の髙橋 茂樹さんを迎えての例会です。卓話楽しみにしております。

さて今日は私の楽しみの最終回中くらいの楽しみをお話しします。

日々の生活の中で4つの楽しみがあります。

一つ目は体を動かす運動系の楽しみとして、ゴルフがあります。これはクラブ内の皆さんとも良くご一緒させてもらっております。

二つ目はトレッキングです。これは夫婦で高尾山系を様々な地点から登っています。年に一度八ヶ岳を登りいつかは八ヶ岳をすべて踏破したいと思っています。

三つ目と四つ目はインドアで、音楽鑑賞と美術鑑賞です。美術に関しては会社のお客さんに日本画家の方がいます。その人に四季おりおりの絵を描いてもらい、事務所に飾るのを楽しみにしています。

’20-10-28 会長挨拶 西山尚之

本日は朝早くからたくさんの人にお集まりいただきありがとうございます。

朝5時から始まる護摩修行は思ったより人手が多く驚きました。

また、日の出前でだんだん冷えていく感じがしたのですが、護摩修行のおかげで体も暖かく感じました。ちなみに日の出は5時59分です。

’20-10-13 会長挨拶 西山尚之

福原有一ガバナーようこそお越しくださいました。早朝の護摩法要参列にはじまり、日野クラブそして飛火野クラブのクラブ協議会と長きに渡りありがとうございます。コロナ過において、様々な制約の中お運び頂き、またこのような会を開催出来て大変うれしく思います。本日の卓話『考えましょう地球環境』楽しみにしております。

’20-09-23 会長挨拶 西山尚之

本日は日経新聞の記事に面白いビジネス展開をしている経営者のお話を紹介します。

タイトルは『ステーキ丼 1日 100食限定』
経営者の戦略は食数限定。飲食店の事業モデルは、売上を増やそうとするから営業時間が長くなり、メニュー数も増える。仕込みに要する時間は長くなり、残業が増える。これを負のスパイラルと捉えたものです。業績至上主義に背を向けた形ですが、食品ロスや残業のないスタイルは学ぶ点もあると思いご紹介しました。

’20-09-16 会長挨拶 西山尚之

明後日、木造7階建ての建築見学会に仙台へ行ってきます。ヨーロッパでは木造の高層ビルが建築されるようになり、今後は日本でも木造の中高層ビルが増えていくと思います。

次に先週の小さな楽しみに続き、大きな楽しみを紹介します。それは2023年のラグビーワールドカップフランス大会を見に行くことです。2015年のイギリス大会を3試合見に行き楽しさにはまりました。昨年の日本大会は仕事の合間を縫って17試合観戦しきました。ラグビーワールドカップは、オリンピック、サッカーワールドカップに続く大イベントです、我もと思わん方は是非ご一緒しましょう。

’20-09-09 会長挨拶 西山尚之

本日はお客様に日野市少年軟式野球連盟・日野交通少年団・日野消防少年団、各団体の代表の方をお迎えしての例会となります。

新年度を迎え2か月が過ぎ何となく1週間の流れに慣れてきました。今日は私の小さな楽しみをご紹介します。

それは、隣のネコ(もんた)が我が家のベランダで昼寝をしているのを静かに眺める事と、夜の9時~11時ころ出現する守り神の“やもり”を見つける事です。やもりは久しくお目に掛かっていなかったのですが、最近現れてくれました。他愛の無い事ですが、ほっこりできる瞬間を楽しんでいます。次回以降大きな楽しみと中くらいの楽しみも紹介したいと思います。

’20-09-02 会長挨拶 西山尚之

本日は比較的時間に余裕があるので、最近気なった事を3点ほどお話しします。

第1番目は、ラグビー、日野レッドドルフィンズの話です。
今年から箕内と言う人がヘッドコーチに就任しました。彼はワールドカップに2大会キャプテンとして出場し、社会人時には英国へラグビー留学をして、伝統あるオックスホード大対ケンブリッジ大の試合に出場する栄誉を得たラグビー界のレジェンドです。
もう一つ『竹中 翔』と言う選手がNEC退社後、縁あって入部。彼はフランスに行った『松島幸太郎』と同じ高校で、桐蔭学園3年時には日本一に輝き筑波大学へ進学。大学2年時は日本代表に選出されるなどスター街道を走っていました。しかし、その後ひざの故障などがあり、トップリーグのNECに進んでからはレギュラーに定着できず昨季は試合にも出ていません。まだ若いので頑張ってほしいです。

第2番目は、現代美術作家『杉本 博司』に関して、8月の日経新聞“私の履歴書”を執筆していました。恥ずかしながら、まったく存じ上げず拝読しました。その中で古代人と現代人が同じ景色を見ることのできる景色をテーマにした海や。第二次世界大戦で収監され死刑になった陸軍大将を主題にした物語(現代版平家物語と言ってました)。などなど結構興味をそそられました。伊豆に美術館があるようなので行ってみたいです。

第3番目は、故人ですがイタリアのオペラ歌手『ルチアーノパバロッティ』の映画が封切されます。私はロングドライブでの眠け覚ましにパバロッティの歌をよく聞きます。彼の歌声は、心に響く声でまどろむ脳みそを活性化してくれるのです。ぜひ見に行きたい映画です。